提灯

お盆提灯を飾りましょう

お盆に飾る盆提灯は、仏様やご先祖様、故人の霊が迷わず行き来するための道しるべです。
美しい明かりで仏前を明るく照らし、仏様やご先祖様、故人をあたたかくお迎えしましょう。

 お盆のならわし 
お盆はサンスクリット語の「ウランバナ」の音訳で「盂蘭盆」といい、逆さに吊されるという意味で、そのような苦しみを受けている死者を救うために法会を行うことがお盆の意味とされています。

 お盆の暦 

  • お盆迎え火・・・・・7月13日 (月遅れお盆は8月13日)
  • お 盆・・・・・・・・7月15日(月遅れお盆は8月15日)
  • お盆送り火・・・・・7月16日 (月遅れお盆は8月16日)

昔は戸外に葉つきの青竹を四隅に立てて棚を作ったり大がかりでしたが、今では仏壇の前に机を置き、真菰(マコモ)のゴザを敷き、花や野菜果物、菓子などを供えます。キュウリの馬やナスの牛も先祖の霊がこの世との往復に使う乗り物として供えます。

先祖の霊が迷わないための目印として、迎え火をたきます。盆提灯なども同様に、先祖のための目印として飾りますが、墓参りの際にも持参します。新盆の家庭では必ず盆提灯を飾ることがならわしとされています。

食事や水を供え、お線香と灯明も欠かさず灯し、先祖の供養を行います。特に新盆の家庭では精進料理や個人の好物などでもてなし供養するならわしがあります。

盆明けには先祖の霊を送るために送り火をたきます。また、供え物などを川や海へ流す精霊流しをしたり、精霊船に灯籠やろうそくを立てて流す灯籠流しなども行うことがあります。


新盆について

亡くなられた方が、仏様になってから初めて迎えるお盆を新盆(にいぼん)といいます。新盆を迎えるお宅では、お盆のとき故人がこの世に帰ってくると言われ、そのための旅支度として「草履・お米・扇子・麻の紐」を用意します。これが今では「新盆セット」となっております。又、新盆のお宅では、帰って来られる時の目印として「白提灯」を窓の目立つ所へ下げます。

新盆セット
三角の布に亡くなった方の戒名を書き、お米を(約7~8合)入れて糸で綴じ付けます。草履、扇子と共に麻の紐でまとめ、多少のおこづかいも添えて仏前に供えます。(これも色々な説があり、また地域や宗派によっても異なります)

 ほうろく
7月又は8月の13日の夕方に「迎え火」を焚き、16日の朝に「送り火」を焚いて祖先の霊を送ります。この時に利用する素焼きのお皿とおがらが入った「ほうろく」(\700)もございます。

新盆セット:\1,300~

白提灯:\950~


長くご愛用いただくために・・・・

提灯を収納する際には、火袋の中に虫食い予防の為の「洋服の防虫剤」を忘れずに1~2つ入れて下さい。


霊前灯 張1号

霊前灯 張1号
品 名霊前灯 張 1号 No.7601
価 格\5,200
サイズ高さ 39cm
備 考一対入り

霊前灯 蓮華灯小

霊前灯 蓮華灯小
品 名霊前灯 蓮華灯小 No.7900
価 格\5,500
サイズ高さ 28cm
備 考一対入り

霊前灯 張 1号 木目

霊前灯 張 1号 木目
品 名霊前灯 張 1号 No.7641
価 格\6,500
サイズ高さ 39cm
備 考一対入り

廻転行灯 小菊

廻転行灯 小菊
品 名廻転行灯 小菊 No.212
価 格\9,000
サイズ高さ80cm, 径 33cm
備 考

優美シリーズ 彩花3号

彩花3号
品 名優美シリーズ 彩花3号 No.315
価 格\10,500
サイズ高さ 32cm
備 考木製、廻転式

彩花 1号

彩花 1号(一対)
品 名彩花 1号 No.24400
価 格\19,000
サイズ高さ 27cm
備 考デザイン花、天然木(枠部分)、一対入り

御所提灯 二重天花(胡蝶蘭に野バラ)

御所提灯 二重天花
品 名御所提灯 二重天花(胡蝶蘭に野バラ) No.1324
価 格\19,000
サイズ高さ 45cm, 径 30cm
備 考(化粧輪)合板、電池灯

御所提灯 二重紫水(菊に萩)

御所提灯 二重紫水
品 名御所提灯(菊に萩) 二重紫水 No.1367
価 格\17,000
サイズ高さ 45cm, 径 30cm
備 考(化粧輪)合板、電池灯

豆行灯 鉄仙(光のかたちシリーズ)

光のかたちシリーズ 鉄仙
品 名豆行灯 鉄仙(光のかたちシリーズ) No.78040
価 格\20,000
サイズ高さ 62cm, 径 28cm
備 考竹骨、楮入り和紙、天然木

創作行灯 百代

創作行灯 百代
品 名創作行灯 百代 No.324
価 格\14,000
サイズ高さ 34cm
備 考お盆以外にもインテリアとして使っていただけます。